iPhone 12 miniには120Hzのリフレッシュレートは搭載されない!?

ガジェット/IT

ども。ハレルヤマソです。(@hareruya_temudu)

新しくEverythingAppleProによって投稿された動画の内容を少しだけ紹介します。


情報を追加しました。こちらも合わせてどうぞ。

iPhone 12 miniは60Hzのままかも


10日にEverythingAppleProによって投稿された動画によりますと、6.1インチ(iPhone 12)と5.4インチ(iPhone 12 mini)のスタンダードモデル2機種については120Hzのリフレッシュレート(ProMotion)は実装されないと動画内で語っています。

引用:EverythingApplePro

Appleは中間の90Hzには興味はなく、60Hzか120Hzのどちらかになるだろうということです。

高リフレッシュレートはバッテリーの持ちを悪くするので、上位2機種のプロモデルは120Hzディスプレイ搭載に伴ってバッテリーも大きくするようです。

やっぱりiPhone 12 miniは予想価格が649ドルと破格なのでそこらへんの機能を削るのは当然といえば当然ですね。
発表会で実は搭載しまーすっていうサプライズないかなぁ〜あればApple信者になるのになぁ笑

カメラは改善

カメラ部分に関してもiPhone 12シリーズは大幅に改善されるようです。

こちらの記事でLiDARは別についていなくても今はいいと書きましたが、LiDARはポートレートや暗所撮影、オートフォーカススピードにも関わってくるらしく、LiDAR搭載かそうじゃないかで結構変わってくるかもしれません。(無知ですいません

スローモーション撮影も改善されるらしく、FPSが高くなるかどうかはまだ不明ですが暗所撮影は大幅に改善されるようです。

ナイトモードに関しても、長時間露光撮影に対応できるようにするらしく、これは星空などを撮影することもできるようになるかもとのことです。
超広角レンズにはナイトモードは搭載されませんが、望遠レンズには搭載されるとのことです。

SmartHDRも進化するらしく、前世代よりも半暗所でのノイズリダクションが改善されるとのこと。
こちらは4機種全てに実装されます。

まとめ

iPhone 12 miniが欲しいのは変わらないですが、120Hzディスプレイが搭載されないとなると、正直少し迷いますねぇ〜

どんどん120Hzは普通になってきているし、あのヌルサクを一回経験すると元には戻れないですからねぇ。ほんとガジェット界の覚醒剤ですわ。

まぁ上位機種と差別化を図るという点では、そうなることは明白なんですが発表会でサプライズないかなぁ〜

iPhone 12のプロトタイプは5月下旬には終わるらしく、6月にはもっと正確な外観に関する情報が出てくるらしいので楽しみに待っときましょう。

ではまた。