iPhone 12 シリーズ 追加情報 【iPhone 13(仮称)も少し】

ガジェット/IT

どうも。ハレルヤマソです。(@hareruya_temudu)

iPhone 12シリーズの名前がほぼ正式に決まったようなのでお伝えしたいと思います。

こちらの記事では、5.4インチモデルを「iPhone 12 mini」、6.1モデルを「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」、そして6.7インチモデルを「iPhone 12 Pro max」としてお伝えしましたが、EveryThingAppleProの動画によりますと

・5.4インチモデル「iPhone 12」
・6.1インチモデル「iPhone 12 Max」
・6.1インチモデル「iPhone 12 Pro」
・6.7インチモデル「iPhone 12 Pro Max」

になるとのことです。

その他にもベースモデルの5.4インチ、6.1インチモデルの2機種にはディスプレイが中国の会社「BOE」によるSuper Retina Displayが搭載されますが、6.1インチ、6.7インチのProモデルにはSamsung製のSuper Retina XDRディスプレイが搭載されるようです。

120Hzディスプレイ(ProMotion)もProモデル2機種のみの搭載で、更には10bitの色深度にも対応するらしいので、色の発色がより正確になるでしょう。

5Gに関しても、ベースモデルは「sub6」には対応していますが、高周波の「ミリ波」にはProモデルだけが対応のようです。


しかし、5Gの開発を進めるにあたってまずはsub6からはじまるはずなので今ミリ波対応の携帯を持っていても恩恵を受けれるようになるのはもう少し先になるので、そこまで焦る必要もないかもしれません。

こうして、ディスプレイや5Gをsub6のみ対応することによって、649ドルという価格を維持しているのでしょう。

iPhone 13(仮称)では充電器がなくなったり、LTPO素材のディスプレイを搭載したりとiPhone Xから4世代目なのでデザインが大幅に刷新される可能性は大いにあるので、あえて2021年まで待ってみるのもありかもしれませんね。

まぁそれでも5.4インチのiPhone 12は魅力的なデバイスです。

iPhone 12 Max, All Specs Leak! AirPods Studio, iOS 13.5 Release & More!

EveryThingAppleProのどうがはこちらから。

それではまた。