スマホで最速英語入力!グライド入力とは?

ガジェット/IT

どうも。ハレルヤマソです。
今回は筆者もずっと使っている、グライド入力というスマホでの新しいタイピング方法を紹介したいと思います。

ちなみに、iOS, Android 両OS対応しています。※iOSの場合の名称はQuick Path
(今回はグライド入力と呼称を統一します)

グライド入力とは?

グライド入力とは、Googleのキーボードアプリ「Gboard」(Android/iPhone) の英字キーボードで使える機能です。

iOSの純正キーボードでも対応しています。

これは、簡単に説明すると「画面をなぞって入力する」ものです。

アルファベットを1つ1つタイピングして入力するのではなく、1筆書きのように入力するモードです。
例えば” Hello how are you“と入力するときは、まず「h」から始め、「h→e→l→l→o」と、指を離すことなくキーボードをなぞります。指を離せば、その単語が入力されますので、続いて「h→o→w」,「a→r→e」,「y→o→u」と入力しましょう。


文字で見ても分かりづらいと思うので、こちらのGIFを見てください。

慣れるとすごい早くなる

オレンジ色の軌跡を見てもらえばわかる通り、だいたいの打ちたいアルファベットの上あたりを指でなぞると書きたい単語を予測してれます。

スペルがうろ覚えで入力しても予測変換で単語が出てくるので便利!


慣れてくると普通にタイピングするより早くなるので、英語でよくテキストする方などはぜひ試してみてください。
Gboardのダウンロードはコチラ