【永久保存版】格安SIMとIP電話の組み合わせで携帯料金を最大限まで落とす方法

ガジェット/IT

どうも。スマホ料金月額980円のShawnです。今回は携帯料金を最大限まで安くする組み合わせ

SMS付の格安キャリア 【LINE モバイル, 楽天モバイル..etc】

月額無料・海外でも格安な通話が出来るIP電話 【SMARTalk】

最強。を唱えたいと思います。

筆者Shawnは3年ほど前からずっとこの使い方です。

価格は最大限に抑えた上で、電話番号が持てない・SMSでの本人確認が出来ない。といった妥協点は一切ありません。

それではどうぞ。 

この組み合わせにすることで得られるメリット

毎月の支払いを極力抑えることができる

携帯料金は毎月必要不可欠な支払いです。

人生のランニングコストは極力落としたいよ。

はい。この記事を読んで最大限まで落としてください。

電話番号を一生変えなくて済む

SmarTalkで050から始まる電話番号を取得することで、あなたの電話番号は今後一切変わることがありません。

なぜならこの電話番号はアプリに依存しており、ログインするだけであなたの電話番号はあなたの携帯に入ります。

キャリアを変えても、SIMカードを変えてもです。

これで、必要に応じてキャリアはいつでも変更できちゃう

世界中どこでも発信・着信できる

SmarTalkで050から始まる電話番号を取得すれば、その電話番号は世界中ほぼどこでも発信・着信が可能です。

なので筆者はクレジットカード会社等、登録電話番号を050から始まる電話番号で登録しているので実際にいつどこでも、着信できています。

大手キャリア会社がイケてない理由

料金の内訳が意味不明

機種代金の月賦手数料やら、保証サービスやら・・・

大手キャリアであなたの払ってる料金の内訳、意味わからなくないですか?

〜に加入すれば実質0円とかも、安く見えるようにするだけの先方の言葉騙しだと筆者は思ってますね・・

欲しいのは電波だけ。必要の無いサービスにはお金を払いたくないです。

2年縛りがしんどい

必要に応じてキャリアは変更したいですし、解約月を覚えるのも面倒。

店舗に行かないと契約できない

時間の無駄すぎる(笑)

3大キャリアの店舗なんぞ、iPhoneの新機種を触りに行くときしか立ち寄ったことがありません。

格安SIMの選び方

音声通話SIMではなく、SMS付きのデータSIMを選ぶ

格安SIMにおける通話は基本的に料金が高いです。なので、電話番号無しのSMS付きのデータSIMを選びます。

(下記画像赤枠 ※筆者も使用しているLINEモバイルを例に挙げます。)

見ての通り、赤枠のデータSIM(SMS付き)は通話機能が無いので、安いんですね。

そして、省かれた通話機能はIP電話でカバーするというやり方です。

容量制限が気になる?データフリープランがあるよ

前述の月額プランにオプションでデータフリープランをつけることが出来ます。

これで、主なSNSを使っていてもあなたの容量を喰うことはありません。

あなたの使用用途に最適なプランを

例えばあなたが

SNSばっか見てるお

答え:データ容量は少なめに、SNSデータフリーのオプションを付ける。

SNSもYouTubeもめっちゃ見るお
 

答え:データ容量は多めに、SNSデータフリーのオプションも付ける。

なたの使用用途に応じて最適なプランを見つけて下さい。

IP電話の選び方

これについてはSmarTalk一強だと思ってます。以下に主なIP電話会社の比較表を掲載します。

 SMARTalk楽天でんわLINE電話Skype
基本料金無料無料無料無料
「050」電話番号の取得××○(有料オプション)
携帯・固定電話への発信条件なし音声通話契約必須音声通話契約必須有料オプション加入
携帯電話への発信8円/30秒10円/30秒14円/60秒10.81円/60秒
固定電話への発信8円/30秒10円/30秒14円/60秒2.26円/60秒
アプリ同士の通話無料無料無料無料
支払クレジットカードクレジットカードアプリ内課金クレジットカード

ご覧の通り、電話番号の取得が出来て月額料金が無料なのはSmarTalkだけだからです。

IP電話については、他社を選ぶ理由が無いです。

各種サービスの登録の際に必要な電話番号を使った本人確認も、050から始まる電話番号で完結出来ます。

電話番号を使った発着信はIP電話から

まとめ

いかがだったでしょうか?

妥協点を一切無しにした、格安SIM+SmarTalkの組み合わせ。

格安SIMに関してはあなたのインターネット使用用途に応じて、容量の追加・データフリーをつけて下さい。

人生におけるランニングコストは限りなく減らして、ライフハックしていきましょう。

以上、Shawnでした。