【待望のiPhone SE】iPhone SE(第2世代)がついに発売【買うべき?】

ガジェット/IT

どうも。ハレルヤマソです。(@hareruya_temudu)

ここ数年、出る出る詐欺をしてきたiPhone SEですが、この度ついに発売が決定しました!
予約開始が4/17、販売開始が4/24となっております。

画像:apple

価格は

  • 64GBモデル 4万4800円(税別)
  • 128GBモデル 4万9800円(税別)
  • 256GBモデル 6万800円(税別)

となっております。
廉価版という位置付けなので値段は安くなっています。

では、性能も所詮廉価版向けなのかというとそうではないようです。

iPhon SE 第2世代の性能

画像:apple

もちろん最上位モデルのiPhone 11Proなどと比較すると衰える部分はありますが、チップはiPhone 11Proと同じA13 Bionicが使われていることによって、ゲームもサクサク、カメラ部分も大幅に改善されています。

カメラも最近のスマホでは珍しいシングルカメラになっていますが、A13 Bionicのパワーでポートレートモードを搭載しており、被写界深度(いわゆるボケの部分)も撮影前、撮影後どちらからでも調整することが可能になっています。
その他に、QuickTakeという動画撮影モードも搭載しています。
これは、写真を撮ろうとしたけどやっぱり動画を撮りたいとなったときに、シャッターボタンを長押しするだけで写真モードのまま動画を撮影する機能です。前は連写するときに使っていた機能ですね。
ビデオ機能も背面カメラは最大60fpsの高画質4Kビデオ撮影に対応しています。

そしてなんといってもみんなが待ち望んでいたホームボタンの復活
ホームボタンは、”必要派””不必要派”で分かれていましたが”必要派”には朗報ですね。
Face IDではマスクしたままだと解除ができないなど、コロナが流行っている現在にはこのホームボタンのほうが合理的な気もします。

防水防塵機能に関しては、iPhone 11Proより少し下がっています。iPhone 11Proなら水深4メートルで30分間、SEは水深1メートルで30分間となっています。
ここら辺はコストダウンのために仕方ないですね。

通信機能の面でも、WIFI6に対応したことで通信速度も更に早くなるでしょう。
そしてeSimにも対応しているので、ネットと電話で通信会社を分けて使用することで通信量や電話代を節約したい方や、海外出張の多い方が日本のSIMはそのままにして、現地のSIMをつかったりなど様々なことに対応できます。
他にはFelica対応のApple Payワイヤレス充電にも対応しています。

iPhone SEは誰向け?

この記事のように新型iPhone SEに多大なる期待を寄せてきた人の中には、あのサイズ感がよかったという人が多い気もしますが、「別に携帯にそこまで興味がなく機能はそれなりに最新で、安価で、少し小さめの携帯を探している」という人には筆者的にはおすすめです。

あとは前世代のSEユーザーやiPhone 6,6s,7らへんのユーザーはそろそろ携帯の動作も遅くなっているだろうし、買い替えるのもありかと思います。iPhone 6からだと単純に性能は4倍から10倍速くなるそうです。

逆にiPhone 8以降の機種を持っている人は焦る必要もないかと。

どうでしょうか2世代目 iPhone SE?
待ち望んでいたのにサイズ感が違うという人も、これを待ってましたって人も一度ホームページをのぞいてみては?

iPhone SE
iPhone SEは4.7インチのディスプレイを持ったデザインに、A13 Bionic、ポートレートモード、4Kビデオ、Touch ID、Retina HDディスプレイ、長時間駆動するバッテリーを詰め込みました。そのすべてを、44,800円(税別)で。

あ、イヤホンジャックはちなみについていません。筆者的にはマイナスポイントです。

Androidでコスパのいい携帯を探している人はこちらも参考にどうぞ。