【ソーシャルディスタンス】コロナで流行った言葉 Social distanceとは?

未分類

コロナの影響で手洗いうがいをする人が増えて今年のインフルエンザ感染者数が400万人減ったと聞き、手洗いうがいだけは怠らないShawnです

Social distance (ソーシャルディスタンス)って?

コロナの影響で最近インスタグラム、ツイッター、ニュースまでよく見かけるこの言葉

Social distance

について、説明したいと思います。

直訳は、こちら

social distance 主な意味 - 社会的距離

Weblio英和・和英辞典

はい、その通り、

人と人との物理的な距離を保って、濃厚接触を避けようという試みです。

その中で、世界各国ではハッシュタグ #socialdistance を使った投稿も増え、現在はなんと

3.7万件もの投稿が。

Social distanceを体現している人たち

人と人との物理的な距離を保った#Socialdistance体現している世界の人たちを一部紹介します。

奥地の大自然の中でヨガ。これぞ究極の #socialdistance



公共交通機関でも #socialdistance




友人との間でも #socialdistance

まとめ

いかかでしたでしょうか?このSocial distance (社会的距離)はウイルスの予防としても非常に重要で、衛生学の教授も、以下のように述べています。

新型コロナウイルス感染症の今後の中長期的な予防策の一つが見えてきました。それは、「人同士の物理的な距離をとること」です。対策を難しくしている理由は、比較的元気な人が知らず知らずのうちに多くの人に感染させていることです。つまり、誰が集団に感染させているかがわからないのです。飛沫感染対策としては人と人の間を1m〜2mを空けることが必要となります。

日本医事新報社

知らずのうちに感染することを防ぐために、皆さんも意識してみてくださいSocial distance

以上、Shawnでした。